紙木のスツール ウッドデザイン賞2019受賞



倉島木工所オリジナルプロダクト

「紙木(しき)のスツール」がウッドデザイン賞2019を受賞しました。


紙木のスツール

紙木(しき)のスツールは[木が支え][和紙に座る]椅子です。

木材は埼玉県産西川材の「ひのき」と和紙は埼玉県小川町の「小川和紙」を使用しています。埼玉県にある森林資源と伝統的な技術を組合された【国産木工製品】です。


木から生まれた素材

木も和紙どちらも樹木を原料の生まれた素材です。

自然素材の持つ効果やつかい込んだ風合いが私たちの心を和やかにしてくれます。


一つ一つに込める

紙木のスツールは職人の手作業で作られています。

量産を目的とせず、これから使われる人を考え

「長くその人と一緒に過ごしてほしい」

という思いをのせて製作しています。


日常に合わせてつかう

シンプルなデザインで使用目的によって合わせることが可能です。作業から休憩時の腰掛けなど日常のあらゆる場面でご利用いただけます。


木と和紙への工夫

自然オイル塗料で油膜をつくることで耐水性を確保してあります。

構造部は荷重が掛かる箇所なので木組みで強固にし、自然素材製品を長くご利用いただけるよう施しをしてあります。


紙木のスツール

価格:36,300円+税 サイズ:幅42× 奥行42× 高さ45 (座面の高さ60) cm

樹種:埼玉県産ヒノキ材(西川材) 仕上げ:植物性オイル仕上げ(座面含む)

座面:和紙(小川和紙)