富山から飛騨高山へ4

時間が空いてしまいましたが、旅のつづきです。

2泊3日の最終日は飛騨高山にきました。




思い出の場所

子どものころ、旅行に連れてきたもらった場所で、ここに来ると懐かしさを感じます。なんとなくだった記憶が徐々によみがえってきて、この辺でレンタル自転車で転んだなぁ、とかみたらし団子のにおい、時間が経っても変わらない香りや風景にうれしくなりました。

朝市の様子

古いまち並み界隈





吉島家住宅

高山市に来た目的の一つが「吉島家住宅」に伺うことでした。

吉島家住宅


入口を入っての吹き抜けの空間、家屋を支える格子状に組まれた木構造の姿に圧倒されます。

そして、襖や障子などの建具の多さ。建具は部屋をつくる道具で、用途や時節で仕切る範囲を操作ができる利点があります。

その説明を伝えるのに参考になる住宅です。建具の仕切り方で個室から広間に使い分けが可能で、庭(外部)とのつながりや季節に合わせた室礼を大切にした辺りが、日本的なもの、なのかなと感じます。

中庭を見る


風が抜けて、ヨシズから漏れる日差し、初夏を感じさせてくれる空間は落ち着きます。




終わりに

GWということもあって観光客でいっぱいで、海外からのお客さんも多く、ちょっと大袈裟かもしれませんが世界との垣根がなくなってきているのを思いました。


自分としては詰め込み過ぎた3日間だったかな、と思いつつ

富山も飛騨高山もとても素敵な場所でまた伺います。

そして、


スケッチしながらの旅



いい体験でした。

moct

design room ーつくるを楽しもうー